【薬膳で読み解く江戸の健康知恵袋 いろはに食養生】 -家の光協会-

32_0_300

5・7・5のリズムで詠んでみにつく医食同源。 食物の効能や効果的な食べ方を記した 江戸時代の食育本「和歌食物本草」から 63首を選出し、薬膳の視点(陰陽五行論) で読み解く。 今の時代にも通じる食養生のヒントが 満載です!   【第1章】薬膳のキホンは陰陽五行理論  ・なぜ焼き魚に大根おろし?  ・すべての食物は五つの味に分かれる  ・寿司が世界で人気のワケ  ・食物の相生・相剋の関係 ほか 【第2章】いろはに食養生かるた       ~薬膳で読み解く「和歌食物本草」  ・いちご・いわし・いか・いも ほか  ・食材と五味五性
販売価格(税抜)

1,300

この商品について問い合わせる


お電話でのご注文

TEL:03-6427-7563

受付時間:平日10:00~18:00

FAXでのご注文

FAX:03-6427-7583

ご利用者様の声とご利用方法

*ユアラーゼを飲んでいたら、ずーっと体温が35度代で低体温症だったのが    改善されて、体温が36度台になり、手足も温かくなってきて喜んでいます。   (50代 女性)  *ユアラーゼのおかげで、コレステロール値が下がってきました。    ほんとにうれしいですね。(80代 男性)