ホーム >旬のレシピ紹介

旬のレシピ紹介

日本には世界でも稀にみ見る豊かな四季があります。私たちは季節に合わせて生み出される旬の恵みを巧みに取り入れ、他国に類を見ない、バラエティー豊かな食文化を生み出してきました。 自然のリズムに合わせて育まれる旬の食材には、生命力がみなぎっています。旬の恵みを享受することは、私たちの体にこのエネルギーを取り込むことであり、免疫力を高めて、病気を未然に防ぐための養生法にほかなりません。

四季のある日本では、夏には体を冷やす陰性(涼性)の食べ物が旬を迎え、冬には体を温める陽性(温性)の食べ物が旬を迎えます。自然界は、その季節に応じて人体に必要なものを、旬の恵みとして与えてくれているのです。春には春獲れるものを、夏には夏獲れるものをいただくことが、もっとも理想的であり、体にとってもっとも必要とされるものなのです。


冬と関係が深いのは”腎”。腎はわたしたちの生命活動の源となる精力を貯蔵し、全身に活力を与える器官。さて、”腎”を補うのは鹹味(塩辛味)の食材です。塩・味噌・醤油などの塩辛い味をはじめ、昆布や若布・ヒジキ・あさり・しじみ・エビなどの海藻や小魚類が鹹味に配当されます。
また、冬の養生で大切なのが、寒さから身体を守ること。ネギ・生姜・人参・カボチャ・蕪など、身体を温める温性の食べ物を積極的に食べましょう。
簡単な冬のレシピをご紹介します。

養生レシピはこちら

にんじん 甘/温 胃を丈夫にし、消化不良や長引く下痢を止める。
血行をよくして貧血や冷え性、虚弱体質、病後の回復に効果がある。
かぶ 苦/温 消化不良やのぼせ、冷えによる腹痛を改善し、解毒効果がある。
別名「すずな」は春の七草の一つ。
春菊 苦/平 特有の香りは精神安定作用がある。
胃腸の働きをよくし、咳、痰を鎮める作用がある。
ひじき 鹹/平 むくみを除き、しこりをやわらげる作用がある。
カルシウム、鉄、食物繊維が豊富で、骨、歯の形成、貧血予防に効果がある。
昆布 鹹/寒 水分代謝をよくして、むくみ、腹部のしこり、甲状腺腫を改善する。
アルギン酸、鉄、ヨード、カルシウムが豊富で新陳代謝を活発にする。
海苔 鹹/寒 中国では「神仙菜」と呼ばれ、不老長寿の食べ物と言われるくらい薬効の高い食材。
渇きを止め、酒毒を消し、しこりを解消する。
せり 苦/平 胃腸の熱をとり、利尿、血圧降下作用がある。
柚子 実(酸/寒)
皮(苦/寒)
(実)甘味を加えて食べれば、吐き気を止め、胃を穏やかにする。
(皮)痰を除き、気分をよくし、胃腸を健やかにして食欲を促し、酒、魚、蟹の毒を消す。
きんかん 酸/温 気の流れを促進し、消化不良を改善し、渇きを止める。
矯臭作用がある。
みかん 酸/涼 胃を健やかにして、のどの渇きを癒す。

暮らしと薬膳 徒然”気づき”便り

おすすめ健康食品・著書ご購入

教室・講座案内

講演依頼

お問い合わせ

有限会社
東京薬膳研究所住所
代表、武 鈴子

〒150-0012
東京都渋谷区広尾1-1-35-504

電話番号:03-6427-7563
FAX番号:03-6427-7583

東京薬膳研究所では和食薬膳研究、食品研究、食生活アドバイス、健康食品販売、薬膳アドバイザー資格、薬膳料理実習及び講習会開催を行っています。


pagetop