ホーム >旬のレシピ紹介

旬のレシピ紹介

日本には世界でも稀にみ見る豊かな四季があります。私たちは季節に合わせて生み出される旬の恵みを巧みに取り入れ、他国に類を見ない、バラエティー豊かな食文化を生み出してきました。 自然のリズムに合わせて育まれる旬の食材には、生命力がみなぎっています。旬の恵みを享受することは、私たちの体にこのエネルギーを取り込むことであり、免疫力を高めて、病気を未然に防ぐための養生法にほかなりません。

四季のある日本では、夏には体を冷やす陰性(涼性)の食べ物が旬を迎え、冬には体を温める陽性(温性)の食べ物が旬を迎えます。自然界は、その季節に応じて人体に必要なものを、旬の恵みとして与えてくれているのです。春には春獲れるものを、夏には夏獲れるものをいただくことが、もっとも理想的であり、体にとってもっとも必要とされるものなのです。


秋は空気が乾燥して、もっとも”肺・大腸”に負担がかかる季節と言われます。
肺・大腸を助けるのは”辛味”の食べ物。また、秋に旬を迎える食べ物には、肺を潤し、咳を鎮め、痰を除く効能を持つものがたくさんあります。
秋の食材を使った簡単なレシピをご紹介しましょう。

養生レシピはこちら

甘/涼 肺を潤して咳や痰を鎮め、ノドや口の渇きを癒す。
ぜん息、扁桃腺炎、声枯れ、二日酔い、便秘によい。
甘/寒 熱を冷まし、肺を潤して、咳や痰、口の渇き、吐血を止める。
ビタミンCが豊富で、風邪予防に有効。
たまねぎ 辛/温 肺に働きかけて痰を切り、余分な水分を排出する。
善玉コレステロールを増やし、血栓を溶かし、高血圧、
動脈硬化を予防する。
にら 辛/温 五臓を穏やかに調和させる働きがある。
胸の熱を除いて、気のふさがりを解き、食欲を促す。
大根 辛/寒 消化をよくし、咳を止め、痰を鎮める。
絞り汁は口に渇きを止め、胃酸がこみあげてくるとき飲むと
効果がある。
さといも 辛/平 腸内の老廃物の滞りを取り除き、便通をよくする。
独特のぬめりには、血圧を下げたり、肝臓を強化したり
脳細胞を活性化する働きがある。
やまいも 甘/温 滋養強壮、気力増加、消化促進、美肌効果がる。
肺を潤して、咳や痰を鎮める効果もある。
れんこん 甘/平 止血効果が高く、鼻血、吐血、喀血、痔出血などを止める。
おろし汁は咳、ぜん息などによい。
しいたけ 甘/平 胃を丈夫にして、食欲を増す。
血中コレステロールを下げ、高血圧や動脈硬化を予防する。
ぎんなん 苦/平 肺を潤し、咳や痰を止め、ぜん息や頻尿を改善する。
食べ過ぎには注意。

暮らしと薬膳 徒然”気づき”便り

おすすめ健康食品・著書ご購入

教室・講座案内

講演依頼

お問い合わせ

有限会社
東京薬膳研究所住所
代表、武 鈴子

〒150-0012
東京都渋谷区広尾1-1-35-504

電話番号:03-6427-7563
FAX番号:03-6427-7583

東京薬膳研究所では和食薬膳研究、食品研究、食生活アドバイス、健康食品販売、薬膳アドバイザー資格、薬膳料理実習及び講習会開催を行っています。


pagetop