ホーム >旬のレシピ紹介

旬のレシピ紹介

日本には世界でも稀にみ見る豊かな四季があります。私たちは季節に合わせて生み出される旬の恵みを巧みに取り入れ、他国に類を見ない、バラエティー豊かな食文化を生み出してきました。 自然のリズムに合わせて育まれる旬の食材には、生命力がみなぎっています。旬の恵みを享受することは、私たちの体にこのエネルギーを取り込むことであり、免疫力を高めて、病気を未然に防ぐための養生法にほかなりません。

四季のある日本では、夏には体を冷やす陰性(涼性)の食べ物が旬を迎え、冬には体を温める陽性(温性)の食べ物が旬を迎えます。自然界は、その季節に応じて人体に必要なものを、旬の恵みとして与えてくれているのです。春には春獲れるものを、夏には夏獲れるものをいただくことが、もっとも理想的であり、体にとってもっとも必要とされるものなのです。


熊が冬眠から目覚めて、まず食べるのは”熊笹”。苦味の強い食材には、解毒の効能があると言われています。
春は東洋医学で言えば、肝の季節。春に旬を迎える山菜などの苦味(アク)の強い食材は、肝の解毒機能を助けてくれます。
春が旬の食材を使ったレシピを、いくつかご紹介しましょう。

養生レシピはこちら

たけのこ 苦/寒 体の熱を冷まし、陽の気の高ぶりによる不眠、口の渇きをいやす。
うど 苦/温 初期の風邪によい。特有の香りと歯ざわりが食欲をそそる。
うまみ成分のアスパラギン酸は新陳代謝を高め、ミネラルの吸収を促す。
ふきのとう 苦/涼 血液の滞りを散らし、腫れ物や炎症を改善する効果がある。
苦味成分のアルカロイドは肝機能を強化し、春ののぼせやだるさうを解消する。
菜の花 辛/温 血液の滞りを散らし、腫れ物を取り除く作用がある。
免疫力を高めて風邪を予防し、食欲不振、消化不良を解消する。
たらの芽 苦/温 気の流れや血液の滞りを取り除き、生理不順を改善する。
止血効果もある。
セロリー 甘/涼 肝の熱を冷まし、水の滞りを治す。高血圧、めまい、頭痛、目の充血、血行不良による腫れ物を治す。
さざえ 甘/平 神経痛、虚弱、栄養不良、元気不足によい。
赤貝 甘/平 血を増し、渇を止め、洩痢・血便及び婦人の失血を調える。
くるま海老 甘/温 腎を補い、活力をつける。
わかめ 鹹/平 水分代謝をよくし、腫れを消し、酒毒を解する。

暮らしと薬膳 徒然”気づき”便り

おすすめ健康食品・著書ご購入

教室・講座案内

講演依頼

お問い合わせ

有限会社
東京薬膳研究所住所
代表、武 鈴子

〒150-0012
東京都渋谷区広尾1-1-35-504

電話番号:03-6427-7563
FAX番号:03-6427-7583

東京薬膳研究所では和食薬膳研究、食品研究、食生活アドバイス、健康食品販売、薬膳アドバイザー資格、薬膳料理実習及び講習会開催を行っています。


pagetop